ネズミ駆除を業者に依頼した時の費用は?相場より安くするコツも解説

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

害獣に悩む人
害獣に悩む人

ねずみが家に住み着いてしまってどうしよう。

那須
那須

ネズミの駆除は私に任せてください!

ネズミの駆除を業者に依頼したいと考えている方は多くいます。

ただ、害獣駆除業者の利用経験がなく、どのくらいの相場観なのかがわからない方も少なくありません。

そこで今回は、ネズミの駆除を検討している方に向けて、業者に依頼する場合にどのくらいの費用がかかるのか解説していきます。

合わせて相場より安くするコツについても説明するため、最後までご覧になってください。

この記事で分かること
  • ネズミ駆除業者の費用相場
  • ネズミの駆除業者の選び方
  • ネズミの駆除のおすすめ業者

ネズミ駆除業者料金の費用相場を見る前に!ネズミの基本知識

ネズミ 駆除業者 1

ネズミ駆除業者の料金相場について見る前に、まずはネズミの生態などを知ることが大事です。

初めてネズミ駆除を依頼する方に向けて、ネズミの基本知識について解説していきます。

那須
那須

感染症の危険があるので要注意です!

ネズミは天井裏や屋根裏に住み着く可能制がある害獣

ネズミは天井裏や屋根裏に住み着く可能性がある害獣です。

天井裏や屋根裏に住み着いてしまうと、ネズミを駆除するのに手間がかかってしまいます。

ネズミが天井裏や屋根裏に住み着かないうちは自分だけで駆除することも可能です。

そのため、ネズミを見つけた時点で被害を受けてしまう前に早めに対処してみてください。

どうしても自分で駆除することが難しい場合でも、早いところなら即日で自宅に駆けつけてくれます。

那須
那須

住み着く前の早急な対処が大事です。

ネズミによる被害の危険‐放置はよくない!‐感染症の危険も‐

ネズミのようなげっ歯類などは、放置していると感染症にかかってしまう場合があります。

天井裏や屋根裏などの隙間に入れるため、身体の周りに病原体がまとわりついていることが多いといえるでしょう。

直接ネズミに触ってしまったことで病原体が移って感染症を引き起こすことも珍しくありません。

空気感染にかかってしまう例もいくつか見られています。

ネズミは騒がしいものの、手元にお金がないからといって我慢していると最悪なケースに発展してしまいます。

ネズミを見つけたら、すぐに駆除する考え方を持っておいてください。

那須
那須

放置せずにしっかりと駆除しましょう!

ネズミ 駆除業者 2

ネズミの生態を踏まえるといかにネズミの駆除が大事なのかがわかります。

この章ではそのネズミを駆除するのにいくらかかるのかについて解説していきます。

ネズミ駆除の費用相場は1万~15万円程‐戸建てかマンションかによっても変化‐

ネズミ駆除の費用相場は1万円から15万円で広くなっています。

これは戸建てかマンションかによって料金が大きく変わってくるためです。

他にも、ネズミの数や駆除前の時点での被害の大きさなどによっても料金が変動します。

そのため、ネズミ駆除を依頼する際には、10万円以上かかる可能性があることを踏まえて利用するのが望ましいでしょう。

ちなみに、店舗だと料金が50万円まで膨らむこともあります。

法人の駆除対応をしてくれる業者はある程度限られており、かつ料金がかかることを押えておいてください。

ネズミ駆除を業者に依頼したときの費用の内訳

ネズミ駆除を業者に依頼した場合の費用の内訳を大きく分けると以下の3つがあげられます。

1つずつみていきます。

相談や見積もり自体にかかる費用

まず相談や見積もりに費用がかかります

相談や見積もりにお金がかかるかどうかは業者によって異なり、そもそもお金がかからない業者も少なくありません。

相談・見積もりでお金がかかってしまうと、複数で見積もって良し悪しを判断して業者を選ぶのは難しいかもしれません。

比較検討して理想的な業者を選ぶためにも、できるだけ相談・見積もりにお金がかからないところを利用してください。

また、実際に駆除まで依頼してもらうわけでなくても、相談だけ応じてくれる業者もあります。

相談を持ちかけたからといって駆除するところまで依頼しなければならないわけではありません

その点は安心してください。

 

簡易的な駆除にかかる費用

ネズミの簡易的な駆除にかかる費用が先ほど述べた1万円から15万円に該当します。

実際、害獣駆除にかかる費用のほとんどは駆除そのものの費用となります。

それ以外の費用がかかるところは、余計な料金が請求されてしまうため、あまりおすすめできません。

対策などを含めた長期の駆除サービスにかかる費用

ネズミの対策などを含めた長期の駆除サービスにかかる費用は、駆除にかかる費用と同じ程度の金額がかかります。

本来なら毎回駆除にかかる費用が駆除依頼をするたびに発生します。

ただ、再発保証制度を採用しているところも少なくありません。

再発保証制度は同じ害獣の被害を受けた場合に、一定期間お金を払わなくても無償で害獣を駆除してもらえる制度です。

たとえば、再発保証期間5年となっている業者で2023年7月にネズミを駆除したとしたら、2028年7月まで無料でネズミを駆除してもらえます。

無駄な料金を支払わないためにも、再発保証制度を実施している業者の利用がおすすめです。

ネズミ 駆除業者 3

ネズミの駆除業者にはさまざまな種類がありますが、業者選びを失敗すると再度駆除を依頼して余分に料金が請求される可能性があります。

そこで後悔しないネズミの駆除業者選びのポイントを解説していきます。

ネズミの駆除業者選びのポイントは主に以下の6つです。

1つずつみていきます。

 

ポイント1:害獣の中でも、ネズミの駆除対応があるか確認する

害獣駆除業者を選ぶ際に、ネズミの駆除対応があるか確認したほうが良いでしょう

業者ごとに対応している害獣の種類が異なります。

ネズミの駆除対応をしていないのに連絡を入れて、無駄な時間になってしまうケースも少なくありません。

そのため、ネズミの駆除対応があるか確認してください。

ポイント2:複数の業者と料金の比較をする-現地調査が無料かもチェック!

害獣駆除業者は複数の業者と料金を比較してください。

1箇所気になる業者を見つけたとしても、そこがどこよりも優れた条件であるかはわかりません。

他の業者を見てみると、もっとよい条件の業者が見つかることもあります。

そのため、複数社の業者に目を向けて自分の物差しで良し悪しを判断してください。

ポイント3:再発防止の保証サービスが充実しているか確認する

害獣駆除業者の再発防止の保証サービスが充実しているか確認してみてください。

再発防止がないと、もし害獣が駆除しきれていなくてすぐに再発してしまった場合に、駆除料金を払うことになってしまいます。

1万円は決して安い金額ではないため、再発防止の有無を事前に確認しておくと後悔せずに済みます。

それだけでなく、再発防止の期間も合わせて訪ねておくと良いでしょう

ポイント4:口コミや評判を確認する

害獣駆除業者の口コミや評判を確認しておくと、トラブルに発展しづらいといえるでしょう。

口コミや評判は実際にサービスを利用している方が書き込んでいる内容であることがほとんどです。

公式サイトで掲載されている情報と比べて信憑性が高いため、口コミ・評判を見た上で申し込み先を決めることをおすすめします。

ちなみに、害獣駆除業者はそもそも利用する頻度が限られている点から、口コミの数はどこも少ないでしょう

口コミが参考にならない場合は、自分で業者に相談を持ちかけてみて、そこでの対応の仕方などで良し悪しを判断してみてください。

ポイント5:対応は迅速であるかどうか確認する

害獣駆除業者の対応の早さもチェックしておいてください。

害獣を放置していると被害が拡大してしまうため、いかに早く害獣を駆除するかが重要視されます。

業者によっては対応が遅い点が目立つケースもあるため、口コミ情報を確認する際に対応の早さについて言及している方がいるか見ておくと良いでしょう。

また、業者の対応の早さと合わせて自宅から最短どのくらいで到着可能なのかも聞いておくことをおすすめします。

最短30分と謳っているところでも、自宅の近くに拠点がなくてスタッフが駆けつけるのに数時間かかってしまうことも少なくありません。

そのため、どのくらいの時間がかかるのか尋ねておいたほうが良いでしょう。

ポイント6:被害の状況で料金が大きく変動してしまうかどうか確認する

被害の状況で料金が大きく変動してしまうかどうかも質問しておくことをおすすめします。

害獣駆除業者によって、被害の状況次第で料金が変動することもあります。

初めから害獣ごとに料金が設定されており、それが固定料金制であれば決められた金額だけ払えば問題ありません。

ですが、最低料金が決まっており、被害状況に合わせて金額が加算されていくケースもあります。

料金の変動が気になってしまう方は、固定料金制の害獣駆除業者の利用を検討してみてください。

みんなの害獣駆除屋さん ロゴ
ラッター ロゴ
くらしのマーケット ロゴ
ネズミ 駆除業者 4

ここまでの内容を踏まえて、ネズミ駆除のおすすめの業者を紹介していきます。

実績豊富なネズミ駆除のおすすめ駆除業者として以下のものがあげられます。

これらの業者のサービス内容を以下の表にまとめました。
 
  ハウスプロテクト
ホームレスキュー
ジャパンアットレスキュー
害獣駆除110番
みんなの害獣駆除屋さん
ラッター
くらしのマーケット
料金相場 要相談 15,000円~ 要相談 14,300円~ 8,800円~ 4,000円~
(期間限定)
対応エリア 全国 大阪府 ・関東エリア
・東海エリア
・関西エリア
・福岡県
全国 全国
(一部未対応の都道府県あり)
関東エリア 全国
見積もり・相談料金 なし なし なし なし なし なし

この表を基にそれぞれの害獣駆除サービスの特徴を見ていきます。

ハウスプロテクト:駆除代金20%OFFで対応してくれる

ハウスプロテクト

  ハウスプロテクト
料金相場 要相談
対応エリア 全国
見積もり・相談料金 なし

ハウスプロテクトは駆除代金20%OFFでネズミを駆除してくれる害獣駆除業者です。

大幅に料金を割引してくれる業者は他にありません。

キャンペーンを活用してお得に害獣駆除したいと考えている方は、ハウスプロテクトの利用を検討してみてください。

2023年7月24日時点では7月末までの期間限定と公式サイトに記載されています。

しかし、毎月ずっと実施しているキャンペーンであるため、まだ害獣駆除を検討している段階の方にもおすすめです。

ハウスプロテクトのメリット・デメリット

ハウスプロテクトのメリットとして、Googleでの口コミが高く評価されている点があげられます。

ハウスプロテクトのすべての支部のGoogleの口コミを平均すると、5点中4.8点を記録しています。

これほど高く評価されている害獣駆除業者はそう多くありません。

ハウスプロテクトはサービス利用者の満足度を意識している方におすすめです。

一方で、ハウスプロテクトは料金の目安が公開されていない点がデメリットとしてあげられます。

どのくらいの金額がかかるのかはっきりしていないため、20%OFFになったとしても他社より高い可能性もあります。

その点を理解した上でハウスプロテクトの利用を考えてみてください。

ホームレスキュー:大阪府特化型の害獣駆除業者

ホームレスキュー

  ホームレスキュー
料金相場 15,000円~
対応エリア 大阪府
見積もり・相談料金 なし

ホームレスキューは大阪府に特化している害獣駆除業者です。

地域特化型の業者だと、その地域の人や地域性の特徴を熟知した方が対応してくれます。

そのため、全国対応の業者以上にサービス利用者に寄り添ったサポートをしてくれます。

最近では公式Instagramが開設されているため、気になる方はそちらで更新されている情報をチェックしてみてください。

ホームレスキューのメリット・デメリット

ホームレスキューのメリットとして、安い料金で利用できる点があげられます。

薬剤や施工部材などを大量に一度に仕入れるスケールメリットを実現しているため、コストカットして負担を押さえることが可能です。

また、現地調査から作業まですべてホームレスキューで対応しているため、中間マージンがない点でさらにコストを抑えることに成功しています。

一方で、ホームレスキューのデメリットとして、関西に住んでいる方でないと利用できない点があげられます。

ホームレスキューが魅力的に感じていても、関西以外に住んでいると他の害獣駆除業者を利用するしかありません。

関西エリアに住んでいる方がホームレスキューを選択肢に入れるようにしてください。

ジャパンアットレスキュー:プロの施工印が消毒や修繕まで対応

ジャパンアットレスキュー

  ジャパンアットレスキュー
料金相場 要相談
対応エリア ・関東エリア
・東海エリア
・関西エリア
・福岡県
見積もり・相談料金 なし

ジャパンアットレスキューはプロの施工印が消毒や修繕まで対応している害獣駆除業者です。

業者の中には、ネズミの駆除だけやってそれ以外の部分は何もしないところもあります。

ですが、消毒なども行わないと、後で感染症にかかってしまう可能性があります。

ジャパンアットレスキューなら消毒・消臭・修繕のすべてをプロが対応してくれるため、安心してアフターケアを任せやすいでしょう。

ジャパンアットレスキューのメリット・デメリット

ジャパンアットレスキューのメリットとして、24時間365日いつでもお問い合わせを受け付けている点があげられます。

もし日中の時間帯しか連絡を受け付けていない場合、仕事のある日は連絡できない方が多くなってしまいます。

しかし、ジャパンアットレスキューなら夜間の連絡もできるため、連絡の時間や曜日で困っている方におすすめです。

一方で、ジャパンアットレスキューのデメリットとして、こちらも具体的な料金が公開されていない点があげられます。

料金の目安がわからないため、実際に利用してみて高い料金が請求されないか心配な方もいます。

料金の目安だけでも事前に把握しておきたい方にはおすすめできません。

 

害獣駆除110番:累計お問い合わせ件数500万件の実績がある

害獣駆除110番

  害獣駆除110番
料金相場 14,300円~
対応エリア 全国
見積もり・相談料金 なし

害獣駆除110番は累計お問い合わせ件数500万件の実績がある害獣駆除業者です。

お問い合わせ件数が他社と比べて圧倒的に多く、それだけ多くの方に信頼されている業者であることがわかります。

実際、楽天リサーチでの調べによると、害獣駆除110番は業界シェア率No.1を記録しています。

害獣駆除110番のメリット・デメリット

害獣駆除110番のメリットとして、追加費用がかからない点があげられます。

業者によっては、見積もり時よりも作業が複雑化してしまい、高い料金が請求されることがあります。

ですが、害獣駆除110番は見積もり時に提示した料金を保証してもらえ、現地調査や駆除後のアフターサービスもすべて無料です。

一方で、害獣駆除110番のデメリットとして、再発保証を実施していない点があげられます。

多くの業者は再発保証を実施しており、同じ害獣がすぐに出てきても無償で対応してくれます。

害獣駆除110番ではその対応をしてもらえないため、念入りに作業してもらうことが大事です。

害獣駆除110番の詳細を見る

みんなの害獣駆除屋さん ロゴ
 

みんなの害獣駆除屋さん:最長5年再発保証に対応してくれる

みんなの害獣駆除屋さん

  みんなの害獣駆除屋さん
料金相場 8,800円~
対応エリア 全国
(一部未対応の都道府県あり)
見積もり・相談料金 なし

みんなの害獣駆除屋さんは最長5年再発保証に対応してくれる害獣駆除業者です。

ネズミの駆除を行っても、十分な駆除ができていないと再度害獣が発生してしまいます。

ですが、みんなの害獣駆除屋さんであれば、5年のうちは何度ネズミが再発してしまっても無償で対応してもらうことが可能です。

長期的なスパンで見れば再発防止期間が長いところが安く済む可能性があります。

再発保証があるところを探している方はみんなの害獣駆除屋さんも視野に入れてみてください。

みんなの害獣駆除屋さんのメリット・デメリット

みんなの害獣駆除屋さんのメリットとして、電話が繋がりやすい時間かどうか公式サイトで明記してくれている点があげられます。

害獣駆除業者だけに限る話ではありませんが、相談をもちかけたいときに電話窓口が混雑していてなかなか出てくれないと悩んでいる方も少なくありません。

みんなの害獣駆除屋さんは公式サイトを見ると、電話が繋がりやすいかどうか記載しているため、無駄な通話料と時間が取られずに済むでしょう。

一方で、みんなの害獣駆除屋さんのデメリットとして、料金の目安が曖昧な点があげられます。

8,800円から利用可能と記載していますが、これはネズミの駆除の料金ではなく、すべての害獣駆除の最低金額になっています。

ネズミの場合は最低いくらかかるか記載がないことを踏まえて、みんなの害獣駆除屋さんを利用するか判断してください。

ラッター ロゴ
 

ラッター:キャンペーンで最低4,000円から対応してくれる

ラッター

  ラッター
料金相場 4,000円~
(期間限定)
対応エリア 関東エリア
見積もり・相談料金 なし

ラッターはキャンペーンで最低4,000円から対応してくれる害獣駆除業者です。

通常は10,000円からとなっていますが、2023年7月時点では60%OFFの4,000円からで対応してもらえます。

これほど安い料金で害獣駆除を行ってくれるところはそうそうありません。

ラッターのメリット・デメリット

ラッターのメリットとして、関東全域だけで3万件の利用実績がある点があげられます。

料金が安いと怪しいサービスではないのかと気になってしまう方も少なくありません。

しかし、ラッターは料金が安いだけでなくしっかりした実績も持っています。

一方で、ラッターのデメリットとして、キャンペーンの適用期間がわからない点があげられます。

公式サイトを見てもキャンペーンの適用期間が記載されていません。

そのため、ラッターの利用を検討している方は早めに利用することをおすすめします。

くらしのマーケット ロゴ

くらしのマーケット:各害獣駆除業者の評判が見れる

  くらしのマーケット
料金相場
対応エリア 全国
見積もり・相談料金

くらしのマーケットは各害獣駆除業者の評判が見れる便利なサービスです。

本来なら害獣駆除業者ごとに口コミ情報がまとめられているサイトが異なります。

しかし、くらしのマーケットならそのサイト上であらゆる業者の評判がまとめられているため、口コミ情報を調べるのに便利です。

くらしのマーケットからそのまま相談の申し込みもできるため、害獣駆除業者を探している方には誰にでもおすすめできます。

くらしのマーケットのメリット・デメリット

くらしのマーケットのメリットとして、害獣駆除以外の業者もチェックできる点があげられます。

くらしのマーケットは害獣駆除専門のサイトではなく、暮らし全般のサービスを取り扱っているサービスです。

引っ越しなどの業者の情報もまとめられているため、生活トラブル全般のまとめサイトとして利用できます。

一方で、くらしのマーケットのデメリットとして、見た目がシンプルすぎて使いづらい点があげられます。

くらしのマーケットは簡素な仕様になっており、さまざまなコンテンツを扱っているわけではありません。

ネズミ 駆除業者 5

ネズミ駆除業者について解説しましたが、それぞれ料金の基準などが異なります。

ただ、どの業者でもある程度共通して料金を相場より抑える方法があります。

そのネズミ駆除業者の料金を相場より安くするコツは主に以下の4つです。

1つずつみていきます。

被害が広がる前に駆除依頼をする

ネズミが発生してからすぐに駆除依頼をすることが大事です。

すぐに駆除依頼ができたら、被害が広がる前にネズミを対処できます。

いつまでも放置していると被害が拡大し、自宅の修復作業で多額の料金がかかることも少なくありません。

ネズミだけに限る話ではありませんが、害獣の被害を受けた場合はすぐに駆除依頼を申し出てください。

無料で現地調査・見積りしてくれる業者を探す

できるだけ無料で現地調査・見積もりしてくれる業者を探すのが望ましいでしょう

現地調査・見積もりの作業に対して対価が発生するのも当然です。

しかし、そこで料金を取られていると、相性の悪い業者に依頼する形になってサービス利用者が得しない可能性があります。

サービス利用者が良し悪しを判断する機会を作るためにも、現地調査・見積もりに料金がかからないところを利用してみてください。

出張費がかからないような近いの業者を探す

出張費がかからない自宅から近い業者を探すことをおすすめします。

自宅から遠くにいる業者に依頼するとなると、別途出張費がかかってしまいます。

そして、全国対応している業者もあれば、地域限定で対応している業者もあるため、相談前に対応エリアも確認してください。

ちなみに、出張費は業者によって料金の基準が異なります。

その点も合わせて事前に業者に連絡して確認しておくと良いでしょう。

自分でできそうな作業は自分でやる

自分でできそうな作業は自分で対応したほうが良いでしょう。

ネズミがまだ屋根裏などに住み着いていないうちは、自分で駆除しやすくなります。

他のイタチなどの一部の害獣については、鳥獣保護法で守られていて許可なしに駆除できません。

ネズミならその点を気にすることなく自分で対処できます。

状況が悪くないうちは自分で駆除したほうが余計な費用をかけずに済みます。

ただ、本格的な駆除になってくると、自分で駆除するのと害獣駆除業者に依頼するのとで料金に差はほとんどありません。

早めの段階なら自分でできそうなことだけでもやってみてください。

自力でネズミ退治を行う方法

自力でネズミ退治を行う方法として、忌避剤や捕獲器を使う方法があげられます。

忌避剤は主にスプレータイプとくん煙タイプ、設置タイプの3種類があります。

この3つの種類の中で使い勝手がよいものを選んでみてください。

スプレータイプは効果時間が短く、くん煙タイプは電子機器などの故障の原因になりやすく、設置タイプは手の届く範囲にしかおけません。

上記のデメリットを踏まえて、どれが適切か考えてみてください。

また、捕獲器はネズミが明らかに怪しいと感じた場所には近づかない習性がある点に注意が必要です。

ネズミ 駆除業者 6

ネズミ駆除業者のことについて、何もわからないと感じている方は決して少なくありません。

実際、上記の方のニーズに応えるために、インターネット上にはネズミ駆除業者のことについて記載されているサイトが多い傾向にあります

今回はこちらでもネズミの駆除の費用面にフォーカスして、特に質問されることの多い内容について回答していきます。

ネズミの駆除の費用相場に関するよくある質問は以下の通りです。

1つずつみていきます。

ネズミ駆除に助成金はある?

ネズミ駆除に対して政府・自治体から助成金が付与されるところはほとんどありません。

付与されるとしても、法人のネズミの被害を受けた場合に限ります。

個人宅でネズミが発生して大きな被害を受けたとしても、助成金で駆除費用を補填してもらうことはできないと考えておいてください。

ただ、自治体では害獣駆除について相談に乗ってくれたり、業者につないでくれたりするところがあります。

料金の絡まない範囲でもよいなら、自治体に相談する方法はおすすめです。

ネズミの駆除業者を選ぶ際に注意するポイントはある?

ネズミの駆除業者を選ぶ際の注意点として主に以下のものがあげられます。

1つずつみていきます。

見積もりまで明確な価格が決まらない

ネズミの駆除業者を選ぶ際には、見積もりまで明確な価格が決まらないことを押えてください。

きちんとした業者なら現地見積もりを丁寧にした上で明確な価格を提示してくれます。

しかし、現地見積もりをしない・調査時にヒアリングしない業者もいる点に注意が必要です。

ネズミの駆除にかかる料金を算出する上で、調査・見積もりは大事な工程となります。

その工程がいい加減だと、料金が異常に安くて駆除してもすぐにネズミが再発してしまいます。

上記の2つが目立つ業者は対応がいい加減なところだと判断し、他の業者の乗り換えを検討したほうが良いでしょう。

料金の安さだけで業者を選ばない

先ほど軽く触れましたが、料金の安さだけでネズミの駆除業者を選ばないことも大切です。

料金が安い業者の中には、作業工程を省いたり、簡略化したりして料金を抑えているところもあります。

作業の委託を行わず、すべて自社対応する形で料金を安くしているところなら問題ありません。

 

見積もりは金額以外もよく確認する

害獣駆除業者で見積もってもらった際には、金額以外の部分もよく確認しておくことも重要です。

見積もりと聞くと料金をイメージする方が多いですが、その内訳や作業内容についてもまとめられています。

その内容を確認しないまま許可を出してしまうと、業者が行っている作業内容に疑問を感じてしまうこともあります。

自宅の敷地内でどうしても触って欲しくない場所や入って欲しくない場所があると考えている方も決して少なくありません。

保証内容について詳しく聞く

害獣駆除業者を選ぶ際に、保証内容について詳しく聞いておくと安心して依頼しやすいでしょう

保証があるかないかで、害獣が再発することを前提に考えた場合、長期的に見て害獣駆除にかかる費用を抑えられます。

再発保証は料金のかかるオプションサービスではありません。

対応している業者なら誰でも追加料金なしで利用できるものであるため、保証の有無を事前に確認しておけば損することはありません。

ネズミ駆除は市役所がやってくれる?

市役所の職員がネズミの駆除を行ってくれるわけではありません。

市役所が対応してくれるのはネズミ駆除を行ってくれる業者の紹介までです。

市役所のほうが連絡しやすいと考えている方がいますが、市役所が動いて駆除してくれるわけではないことを把握しておいてください。

ただ、自分でネズミを駆除する前に、市役所に相談に乗ってもらったほうが正しい方法でネズミを駆除しやすいでしょう。

ネズミの対策法が知りたい

ネズミの対策法として、捕獲する方法・音や匂いで追い払う方法などがあげられます。

先ほども述べたように、ネズミは捕獲しても特にペナルティはありません。

捕獲カゴだと料金が高くなるため、捕獲用の粘着シートなどを使うことをおすすめします。

また、音については超音波などを使うことでネズミを追い払うことが可能です。

ネズミは人間より聴覚が発達しているため、人間には聞こえない音でも騒音に感じてしまいます。

それと同じく嗅覚も発達しており、ネズミはミントやハッカ系の香りや唐辛子系の刺激臭が苦手です。

それに近い香りがある忌避剤などを使うことで、ネズミをその場に近寄らせないこともできます。

ただ、上記の香りは人間でも苦手な人もおり、近隣住民とのトラブルになる可能性もあります。

餌となるものは処分する

餌となるものを処分しておくことで、間接的にネズミを追い出すこともできます。

ネズミが住み着く理由の多くは、自宅周辺にネズミの餌となるものが取りやすい環境になっている点があげられます。

その餌が取れない環境に変わったら、ネズミがその場所に住み着く理由はありません。

必然的に餌のある場所を求めて移動してくれます。

ネズミは野菜や果実、イモ類などを特に好む傾向にあるため、畑で食物を栽培している方は注意してください。

侵入経路や侵入口はふさぐ

ネズミを追い払った後は、侵入経路や侵入口を塞ぐことを忘れないようにしてください。

せっかくネズミを追い払っても、またネズミが住み着いてしまうような環境になったら再発してしまいます。

ネズミが侵入できそうな場所をあらかじめ封鎖しておけば、少なくとも自宅周辺に巣を作ることはなくなります。

特に天井裏や屋根裏に繋がる侵入口はネズミが入れないように対策を講じておくことが重要です。

ネズミ 駆除業者 7

ネズミの害獣駆除業者を利用して駆除する場合、どこを利用しても概ね1万円程度の金額はかかります。

条件次第で金額は大きく変動しますが、料金が安くなればよいわけではありません。

料金の安さと同じくらい作業内容や信頼度なども業者選びの大事な要素です。

すべての項目を見た上で総合的に判断し、複数の害獣駆除業者を比較検討すれば、業者選びに失敗するリスクは減らせます。

各都道府県別おすすめネズミ駆除業社紹介記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA