ネズミの鳴き声の特徴は?鳴き声以外の見分けるポイントや駆除方法を解説

ネズミ鳴き声

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

害獣に悩む人
害獣に悩む人

ネズミの鳴き声にはどんな特徴があるの?

ネズミの鳴き声は「チューチュー」を想像しがちですが、実際は「キーキー」「キューキュー」と高い声を発します。ネズミは夜行性の生き物のため、夜間に鳴き声が聞こえるケースが多いです。

ネズミの存在を放置していると、住宅の損傷や感染症を引き起こすリスクがあるため、早めの対応が求められます。鳴き声以上の被害を生まないためにも、ぜひ参考にしてください。

当記事では、他にも以下のことが分かります。

最後まで見れば、ネズミの鳴き声の詳細が分かり、落ち着いて駆除できるようになるでしょう。

ネズミの鳴き声は「キーキー」「キューキュー」という高音が特徴

ネズミ鳴き声特徴

ネズミの鳴き声は、その小さな体からは想像もつかないほどの「キーキー」「キューキュー」という高い音が特徴です。家の中でこのような鳴き音が聞こえる場合、ネズミが近くにいる可能性があります。

鳴き声はネズミ同士のコミュニケーション手段としても用いられ、仲間を呼び寄せたり、危険を知らせたりする目的で使われます。この独特な高音は、ネズミの存在を感知する重要な手がかりの一つとなり、早期に適切な対策を講じるきっかけにもなり得ます。家庭内でネズミの鳴き声を聞いたら、その兆候を見逃さず、可能な限り早く対応することが重要です。

ネズミが鳴き声を発するタイミング

ネズミは社会性が高い動物であり、仲間同士でコミュニケーションを取るために様々な種類の鳴き声を出すことが知られています。たとえば、オスがメスに求愛する際や、テリトリーを主張するために鳴くこともあれば、危険を感じたときやストレスを感じているときに警戒のサインとして鳴くこともあります。

また、親ネズミと子ネズミの間でコミュニケーションを取る際にも鳴き声が用いられることがあります。これらは私たち人間には聞き分けることが難しいですが、ネズミにとっては重要なコミュニケーションツールです。

ネズミが出す鳴き声以外の音

ネズミは鳴き声以外にも以下の様々な音を発します。

  • 天井や壁の中を走る音:トトトト
  • 壁や柱を噛みつく音:カリカリ

とくに、ネズミが活動的になる夜間には、これらの音がはっきりと耳に入ることがあります。

また、家の中の物品が散乱している、食品がかじられているなどの兆候も、ネズミがいるサインとして重要視されます。これらの物音や兆候を見逃さないことで、ネズミの存在をより早く察知でき、迅速な対策を講じられるでしょう。

【要チェック】ネズミに似た鳴き声を発する3種類の害獣

ネズミ鳴き声害獣

ネズミに似た鳴き声を発する害獣は以下の3種類です。

これらの害獣はネズミに似た鳴き声を発することから、聞き間違えてしまうケースも少なくありません。重要なのは、害獣の特徴を理解し、対策を適切に取ることです。

ここでは、ネズミに似た鳴き声の害獣について、その行動や見分けるポイントについて詳しく解説します。

ハクビシン:「キーキー」「ピーピー」

夜行性であり、人家の屋根裏や物置などに忍び込むハクビシンは、しばしば「キーキー」「ピーピー」という鳴き声をあげます。この声は非常に高い周波数で、緊迫したときや驚いたときに発せられることが知られています。

ハクビシンの認識方法として、排泄物や獲物の残骸に注目することが重要です。

また、屋根裏から不審な物音がしたら、ハクビシンが潜んでいる可能性があるため注意しましょう。その他、餌を探すためゴミ箱周りを荒らしたり、植物を食害したりすることもあります。

イタチ:「キッキッ」

イタチは小柄な体躯ながらも活発な動物であり、通常は地上や木の中で生活していますが、屋内に侵入することもあります。イタチの「キッキッ」という独特の鳴き声は、喧嘩や仲間とのコミュニケーションで用いられることがあります。

イタチを見分ける観点では、独特の筋肉質な体型や鋭い牙に注意が必要です。

また、イタチの残す糞は特有の臭いがあり、見つけたら害獣の存在を疑うべきでしょう。イタチが屋内に侵入してきた場合、鳥の卵などを食べるため、ペットの鳥を飼っている家庭ではとくに警戒が必要です。

コウモリ:「キィキィ」「チチチッ」

コウモリは夜の闇に紛れ、獲物を探し飛び回ることで知られています。その際に発する「キィキィ」「チチチッ」といった音は、エコロケーションという周囲を把握するための手段です。

コウモリの糞はウィルスを含むことがあるため、発見したら速やかな対応が求められます。

また、コウモリは狭い隙間から安易に侵入できるため、窓や隙間が完全に閉じられているか確認することが重要です。

鳴き声以外でネズミを見分けるには?チェックポイントを4つ紹介

ネズミ鳴き声ポイント

鳴き声以外でネズミを見分けるためのチェックポイントは以下の4つです。

ネズミの痕跡は、鳴き声の有無だけでなく、他の目で見える証拠からも確認できます。これらのポイントを押さえておけば、ネズミの有無をより正確に見分けることが可能です。

小さなサインを見逃さないためにも、これらの情報を参考にしてネズミの徴候をしっかりと見抜く方法を学んでいきましょう。

糞の確認

ネズミの存在を示唆する最も一般的な兆候の一つが糞です。ネズミの糞は、形状が細長く、黒っぽい色をしており、穀物のような形状をしています。

とくに、キッチンや食料を保存している場所の隅々に小さな糞が散らばっている場合は、ネズミの侵入サインであることが多いです。

糞は強い臭いを放つこともあり、見つけたらすぐに清掃し、他のネズミを引き寄せないような対策を施すことが重要になります。

定期的にチェックすることで、ネズミの繁殖期や活動パターンを掴めるでしょう。

噛み跡の確認

ネズミは強力な前歯を持っており、様々なものをかじる習性があります。配線やプラスチック製品、木材など、ネズミによる噛み跡が残っていることが往々にしてあります。

これらの噛み跡は、ネズミが一度侵入したことの証拠であり、再侵入を未然に防ぐための手立てとして非常に有効です。噛み跡の調査は、電気配線にも及ぶことから、火災のリスクを未然に防ぐ効果もあります。

足跡・通路の確認

ネズミは決まった通路を通って移動します。そのため、ネズミが出入りしている可能性のある箇所には足跡が残っていることがあります。足跡は、ほこりがたまった場所や泥が乾いた壁、床に見つけられるでしょう。

また、油分や汚れを纏ったネズミが通った跡として、壁に擦れた痕跡が見つかる場合もあります。こうした痕跡を見逃さず、定期的にチェックすることが、ネズミの活動を掌握する上で不可欠です。

巣の存在

ネズミは快適で暖かく、巣材が豊富な場所に巣を作る傾向があります。家庭内では、断熱材や布類、紙くずなどを集めて巣を構築します。

天井裏や床下収納、冷蔵庫の裏などに巣が隠されていることも多いです。

巣を発見したら、ネズミの繁殖防止のために速やかに駆除することが肝要になります。定期的な監視とともに、巣を作りやすい環境を改善することで、ネズミの侵入を防げるでしょう。

ネズミの鳴き声への対策は?家庭でできる4つの駆除方法

ネズミ鳴き声駆除

ネズミの鳴き声が聞こえた場合に家庭でできる駆除方法は以下の4つです。

ネズミの鳴き声に悩まされることは珍しくありません。夜の静けさの中で聞こえる「キーキー」「キューキュー」という鳴き声は、睡眠を妨げるなど日常生活に影響を与えがちです。

しかし、駆除方法を知っていれば、このような問題を解決する一歩となるでしょう。ここでは、ネズミの鳴き声を減らし、最終的には駆除するための方法をご紹介します。

侵入口を封鎖する

ネズミが家に入り込む主な原因は、侵入経路が存在するからです。したがって、まず行うべき対策は、家のあちこちの隙間や穴を塞ぐことにあります。

ネズミの侵入口を見つけ出し、金網や専用のフォーム、プレートでしっかりと封鎖することが大切です。

窓やドアの隙間も確認し、気密性を高めるために気密ストリップを取り付けるとより効果が期待できます。

この作業は、地道に維持することが重要なため、定期的な点検と補修をする必要があります。

罠を仕掛ける

ネズミ駆除の古典的な方法として、罠を仕掛ける手法があります。市販されているネズミ用の罠には、木製やプラスチック製、即効性のある粘着式のものまで、様々な種類が存在します。

使用する際には、ネズミがよく通ると思われる場所や、食べ物の近くに設置することがポイントです。

餌としては、チーズやピーナッツバターがよく用いられますが、最近のネズミはこれらに警戒心を持つこともあるため、状況に応じて餌を変える工夫も必要です。

罠を仕掛ける方法は即効性がありますが、定期的にチェックし、捕まえたネズミの処理を行う必要があります。安全性にも注意が必要であり、小さな子供やペットがいる家庭では触れられない場所に設置することが大切です。

超音波装置を設置する

超音波装置は、人間には聞こえない高い周波数の音を発し、ネズミを遠ざける効果があります。設置は簡単で、電源に接続し適切な場所に置くだけです。リビングや台所、ネズミの侵入が疑われるエリアが良いでしょう。

超音波は壁を通過しないため、複数の部屋をカバーする場合はそれぞれに装置が必要になります。

安全で化学薬品を使わないため、ペットや子供がいる家庭でも安心して使用できます。効果の範囲や持続性には個体差があるため、状況に応じて位置の調整や追加設置が必要になることがあります。

プロの駆除サービスを利用する

家庭での対策だけでは解決が難しい場合、プロの駆除サービスの利用が効果的です。専門家は、ネズミの行動パターンや隠れ家を正確に把握しており、最も効果的な駆除方法を提案してくれます。

サービスには、ネズミの侵入経路の特定と封鎖、有効な駆除策の実施、再発防止のためのアドバイスが含まれます。

プロに依頼する利点は、迅速かつ根本的な解決が期待できること、使用する薬剤や方法が安全であることです。子供やペットがいる家庭でも安心して任せられるサービスが多いですが、選ぶ際には、実績や評判、料金体系をしっかりと確認することが大切です。

プロのサービスは費用がかかりますが、ネズミによる被害やストレスから解放されるため、多くの場合その価値は十分にあると言えます。

鳴き声がうるさいだけじゃない!ネズミがもたらす3つの被害

ネズミ鳴き声被害

ネズミがもたらす被害は以下の3つです。

家庭やビルにおいて、ネズミの存在が確認されるとその鳴き声のうるささに多くの人が不快感を覚えます。

しかし、ネズミによってもたらされる被害は、鳴き声だけにとどまらないのです。ネズミは病原体を運ぶ媒介者でもあり、建物の構造に重大な影響を及ぼすことも少なくありません。

さらに、その存在が周囲にもたらすストレスや不快感は、人間の日常生活においてかなりの悪影響を与える可能性があります。

建物・電気配線の損傷

ネズミは小さな体でありながら、家や建物に大きな被害をもたらします。ネズミの鋭い歯は、木材や壁紙、電気配線まで噛み砕くことが可能です。

電気配線が損傷すると、照明がつかなくなったり、家電製品が使用できなくなったりするだけでなく、最悪の場合は火災の原因にもなり得ます。

また、ネズミが通るための穴は徐々に拡大し、冷暖房の効率を低下させたり、他の害虫の侵入口にもなり得ます。ネズミによる建物への影響は、見た目の問題だけでなく、安全性のリスクも伴います。

病気の媒介

ネズミは多くの病気を人間に伝えることがあります。ネズミが運ぶ細菌、ウイルス、寄生虫は、食べ物や水、ネズミが触れた表面を介して広がることがあります。

例として、ハンタウイルス、レプトスピラ症、サルモネラ感染症などが挙げられます。

これらの病気は、ときに重篤な健康問題を引き起こす可能性があります。

さらに、ネズミの死骸や排泄物が乾燥することで、空気中に細菌やウイルスが拡散し、吸い込むことで感染する場合もあります。このような病気のリスクを最小限に抑えるためには、ネズミの侵入を防ぎ、清潔な環境を保つことが重要です。

ネズミがもたらす病気の媒介は見過ごされがちですが、家庭内での健康管理において重要な課題となります。

不快感・ストレス

ネズミの存在は、見た目や音による不快感だけでなく、精神的なストレスの原因となります。夜間に活動するネズミの鳴き声や物をかじる音は、深い眠りを妨げ、日常生活に支障をきたすことがあります。

また、ネズミが家の中を走り回る姿を目にすることは、多くの人にとって大きなストレスとなり、家にいること自体が不快に感じられるようになるかもしれません。

このような感情は、家族間の緊張を高めることにも繋がり、居心地の良い家庭環境を損ねる結果になることがあります。

さらに、ネズミによる被害が見つかるたびに、それを修理するための時間や費用が発生し、経済的にも負担となります。ネズミの鳴き声や活動が原因で生じる不快感やストレスは、生活の質を低下させる深刻な問題です。

ネズミの鳴き声に関する3つのよくある質問

ネズミ鳴き声よくある質問

ネズミの鳴き声に関するよくある質問は以下の3つです。

ここでは、ネズミの鳴き声に関するよくある質問をピックアップし、詳しく解説していきます。

ネズミが天井にいるときの鳴き声は?

ネズミが天井に潜むときの鳴き声は「キーキー」や「キューキュー」といった高い音が多いです。天井の空間によっては、その音が反響して異なる音に聞こえることもあります。

天井内の鳴き声はとくに夜間に聞こえやすく、ネズミが活動的になる時間帯に合わせて増加します。

ネズミが鳴くときに意味はある?

ネズミは鳴き声を発して群れの中での位置を知らせたり、危険を警告したり、繁殖期には配偶者を呼び寄せたりします。鳴き声の種類や頻度は、その時々の状況やニーズによって異なります。

また、子ネズミが母親を呼ぶために鳴くこともあるため、鳴き声一つひとつには様々な社会的意味が存在しているのです。

ネズミがいるかどうかを確認する方法は?

ネズミの存在を確認するためには、糞の存在や、食糧がかじられた形跡、足跡や通路の確認など、様々な方法があります。家の隅々をよく観察し、細かい箇所にも目を向けることで、ネズミの痕跡を見つけ出せるでしょう。

また、夜間に静かな環境を作り出し、耳を澄ませば、天井や壁の中を移動するネズミの生活音を捉えられる可能性が高くなります。

まとめ:ネズミの鳴き声が聞こえたらなるべく早く駆除しよう

ネズミ鳴き声まとめ

家の中から「キーキー」という鳴き声が聞こえてきた場合、それはネズミが侵入している証拠です。このような状況を放置しておくと、ネズミによる様々なトラブルが発生する可能性が高くなります。

たとえば、食品の汚染や病気の媒介、家の構造物への被害が挙げられます。この問題を未然に防ぐためにも、ネズミの鳴き声が聞こえたら、まずはその原因を特定し、適切な駆除方法を選択することが重要です。

ネズミが繁殖する前に早めに対策を講じることで、より効果的に駆除できるでしょう。ネズミによる被害が深刻な場合は、専門の駆除業者に依頼することをおすすめします。

各都道府県別おすすめネズミ駆除業社紹介記事