ハクビシンのフンの特徴は?処分の仕方や対策方法を解説

ハクビシンフン

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。 消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や広告」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、安心してお読みください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

害獣に悩む人
害獣に悩む人

庭で動物のフンを見つけたけど…これってハクビシン?

家の屋根裏や庭で動物のフンを見つけた場合、ハクビシンの可能性があります。ハクビシンのフンの特徴は以下の通りです。

これらの特徴を踏まえ、自宅の周辺で見つけたフンを観察することで、ハクビシンの活動の兆候を見つけられます。ハクビシンは野生動物であり、その存在が家の構造への損傷や感染症のリスクをもたらす可能性があるため、適切な対処が必要です。

当記事では、他にも以下のことが分かります。

最後まで見れば、ハクビシンのフンの特徴やリスクが分かり、安全かつ適切に対応できるようになるでしょう。

ハクビシンのフンの3つの特徴を解説

ハクビシンフン特徴

ハクビシンのフンの特徴は以下の3つです。

都市部でもしばしば見かけるハクビシンですが、その生活の痕跡としてフンの問題が発生します。

ここでは、ハクビシンのフンの特徴を3つのポイントに分けて詳しく解説していきます。ハクビシンのフンを見分け、適切な処分や対策を行うための初歩的な知識としてお役立てください。

サイズ・形状:5~15cmで丸みがあり細長い

引用元:横須賀市

ハクビシンのフンの特徴一つ目はそのサイズと形状にあります。ハクビシンのフンは一般的に長さが5~15cmであり、芋虫のような形状をしています。

色合いは茶色がかった黒色であることが多く、その表面は細かな食べかすで覆われています。

また、ハクビシンは果実などを多く食べるため、フンの中に種が見られることがあるのも特徴の一つです。これらの特徴を確かめることで、他の動物のフンと区別が可能になります。

臭い:他の動物と比べて控えめ

ハクビシンのフンは、一般的に臭いが控えめです。これは、ハクビシンが食べる果実や野菜の影響であり、ときにはフンからほんのり甘いにおいがすることがあります。

しかし、ハクビシンは尿とフンを同じ場所にします。そのため、尿から来るアンモニアの強い臭いに注意が必要です。

時間が経つにつれ、フンと尿が混じり合い、悪臭を放つことがあります。

この臭いは鼻を突くような強烈さがあり、とくに多量に排出されている場合は屋内外問わず発見しやすい目印となります。衛生的な問題のみならず、フンや尿の臭いが引き起こす不快感は快適な住環境を大きく損なう原因となり得ます。

実際の処分時には、臭いを吸い込まないよう十分な注意が必要です。

フンをする場所:屋根裏や庭が多い

ハクビシンがフンをする場所は、その生活圏内のあらゆる場所と言っても過言ではありません。とくに好んで排泄するのは、屋根裏や庭、物置など、人目につきにくい隠れた場所です。

ハクビシンは夜行性であり、人間が活動を休んでいる夜間に出没し、日中は隠れた場所で休息を取る生態があります。そのため、自らの活動域内にフンをする傾向が強いです。

家屋に侵入されると、家屋内がフンで汚染されるリスクが高まるため、予防対策が非常に重要となります。

ハクビシンのフンが引き起こす3つのリスク

ハクビシンフンのリスク

ハクビシンのフンが引き起こすリスクは以下の2つです。

ハクビシンのフンには無視できないリスクがあります。

ハクビシンのフンは独特の臭いを放つことがあるため、発生するだけで日常生活に不快感を与えかねません。

さらに、フンの成分が健康上の問題を起こすことが懸念されており、とくに小さな子供がいる家庭では注意が必要です。これらのリスクを避けるためにも、適切な知識を身につけ、対策を講じることが肝心です。

健康被害

ハクビシンのフンに含まれる細菌や寄生虫は、人間に感染症を引き起こす要因となることがあります。

たとえば、ラウンドワームという寄生虫が原因でオキュラーラーバマイグランス(眼内寄生虫症)を引き起こすケースが考えられます。

さらに、フンを通じてヒスプラズマ症などの真菌症を発症するリスクも指摘されています。これらの病気は、とくに免疫機能が未熟な子供や高齢者に重篤な影響を及ぼす恐れがあります。そのため、ハクビシンを見かけた際には、ただちに専門の駆除業者に相談し、フンの処理・清掃を徹底することが大切です。

住宅被害

ハクビシンは主に夜行性であり、人間の住む家の屋根裏や床下などを侵入し、フンや尿を残します。フンが蓄積すると、悪臭の原因になるだけでなく、床材や断熱材の劣化を招くことがあります。

木材を腐らせることで、建物の耐久性に影響を及ぼす恐れもあります。

また、フンの湿気がカビの発生を促し、さらなる衛生的な問題を引き起こす可能性があるのです。これらの問題を放置せず、迅速に対策を講じることで、住宅の長期的な保護に繋がるでしょう。

ハクビシンのフンを処分するには?4つの手順を解説

ハクビシンフンの処分

ハクビシンのフンを処分する手順は以下の4つです。

ハクビシンのフンが置いてあることに気づいたら、適切に処分する必要があります。なぜなら、フンから出る菌やウイルスは健康に悪影響を与えたり、悪臭の原因になったりするためです。

ここでは、ハクビシンのフンを安全で衛生的に処分する方法を分かりやすい手順に分けて解説していきます。

手順1:必要な道具を用意する

ハクビシンのフンの処理を安全に行うためには、以下の道具を準備することが大切です。

  • 保護服
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 防護メガネ
  • ホウキ・ちりとり
  • ビニール袋
  • 消毒液
  • ダニやノミの殺虫剤
  • ペット用消臭剤
  • 雑巾

これらの道具を揃えることで、フンの処分を安全に、効果的に行うことが可能です。道具を選ぶ際は、使用後に廃棄することを想定し、コストを抑えることも考慮しましょう。

手順2:ほうきでフンを集めて処分する

準備が整ったら、ほうきとちりとりを使ってフンを丁寧に集めましょう。フンの乾燥により細かい粉末が空気中に舞い上がることがあるため、慎重に掃き集めることが大切です。

フンをちりとりに乗せたら、そのままビニール袋に入れます。ビニール袋はフンを入れた後、口をしっかりと閉じて密封することが重要です。

これにより、フンから出る可能性のある細菌や臭いが外部に漏れ出るのを防ぎます。

集めたフンは、地域のゴミ処理規則に従って適切に処分してください。フンの処分方法は地域によって異なる場合があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

手順3:フンがあった場所の殺菌・消毒をする

ハクビシンのフンを取り除いた後は、残った菌やウイルスを除去するためにしっかりと殺菌・消毒します。

この工程では、次亜塩素酸ナトリウムを含む消毒液が非常に役立ちます。

消毒液をスプレーボトルに入れ、フンがあった場所全体にしっかりと吹きかけましょう。消毒液がしばらくその場に留まるようにし、十分な殺菌効果が得られるようにします。

数分待った後、雑巾やペーパータオルを使用し、消毒液を拭き取ります。このとき、手袋を着用することを忘れないでください。

また、ペット用消臭剤を使用し、消毒後のニオイ対策を行うことをおすすめします。この作業をすることで、病原菌の拡散を防げるでしょう。

手順4:使用した全ての道具を処分する

ハクビシンのフンの処分と消毒が終わったら、最後に使用した道具を処分することも重要です。使用したほうき、ちりとり、手袋、マスク、雑巾などは、直接病原体に触れている可能性が高いため、再利用せずに処分しましょう

また、作業に使用した服も洗濯するか、使い捨てる場合は同様にビニール袋で密封してから処分してください。道具を処分した後は、手洗いを忘れずに行い、安全を確保しましょう。

ハクビシンのフンを処分する際に注意すべき3つのこと

ハクビシンフン注意点

ハクビシンのフンを処分する際に注意すべきことは以下の3つです。

ハクビシンは夜行性の動物であり、家の天井裏や庭などに住み着いてフンの問題を引き起こすことがあります。都市部や郊外で目撃されることが多く、そのフンの処分は適切に行うことが必要です。

処分する際には、健康リスクや感染症のリスクメニジメントのため、いくつかの注意点があります。ここでは、ハクビシンのフンを安全に処分するために警戒すべきポイントをお教えします。

フンに直接手で触れない

ハクビシンのフンには、病原菌や寄生虫が含まれているリスクがあります。フンに直接手で触れることは避け、必ずゴム手袋や使い捨ての手袋を装着してください。

そして、フンを拾う際には、シャベルやほうきなどを使い、直接肌と接触しないようにしましょう。

また、フンが乾燥して粉末状になっている場合には、吸い込むことによる健康リスクもあるため、マスクを着用することも重要でしょう。

手洗いを徹底する

ハクビシンのフンを処分した後、最も重要なのは手洗いを徹底することです。フンや消毒作業中には、様々な菌やウイルスに触れる可能性があります。そのため、作業が終わったら、すぐに石鹸と流水を使って手を洗いましょう。

手のひら、指の間、爪の下といった、普段は見落としがちな部分まで念入りに洗うことが大切です。

また、手洗いだけでなく、消毒液を使って手を消毒することも効果的です。この習慣を守ることで、フン処理中に触れた可能性のある病原体から自分自身を守れます。

子供やペットを近づけない

ハクビシンのフンの処分を行う際には、子供やペットが誤ってフンに触れたり、口に入れたりすることのないよう配慮が必要です。

子供はもちろんですが、ペットは好奇心旺盛でフンの匂いを嗅ぎに行ったり、挑発したりすることがあります。そのため、フンの処理を行っている最中は、確実に子供やペットを遠ざけるか、別の安全な場所に留め置くことが求められます。

安全を確保するためにも、処理には細心の注意と配慮が不可欠です。

ハクビシンのフンを防ぐには?4つの対策を解説

ハクビシンフンの対策

ハクビシンのフンを防ぐための対策方法は以下の4つです。

ハクビシンのフンは、庭や自宅の不快な匂いや、衛生面でのリスクももたらします。こうした問題を未然に防ぐためには、ハクビシンが侵入しにくい環境を作り出すことが重要です。

そこで、ハクビシンの侵入防止とフン問題の対策方法をご紹介します。これらの方法を実践すれば、ハクビシンのフンによる被害を大幅に減らせるようになるでしょう。

侵入経路を塞ぐ

ハクビシンは非常に器用であり、わずかな隙間や穴からも家屋に侵入する能力を持っています。

たとえば、天井裏や換気口、古くなった戸板などが侵入経路となり得ます。

そのため、家の周囲の点検を定期的に行い、隙間や穴を見つけ次第修繕する必要があります。金網やコンクリートなどを用いて穴を塞ぐことや、換気口に金網を取り付けることが効果的です。

戸の隙間がある場合には防獣材を取り付け、物理的に侵入を防ぎましょう。これらの対策を講じることで、ハクビシンが家屋内にフンをするリスクを軽減できます。

害獣対策グッズを活用する

市販されている害獣対策グッズも効果的な方法の一つです。中でもハクビシンが嫌がる強い臭いを放つ忌避剤は、庭周辺に撒くことで侵入を抑制できます。

また、赤外線センサー付きの撃退機器は、ハクビシンが侵入した際に音や光で驚かせ、撃退する効果があります。このようなグッズは、使用する場所や目的に応じて選べるため、自ら対策を講じたい場合に有用です。

ただし、効果の持続性には限りがあるため、定期的な交換や補充が必要になります。

庭の木の剪定をする

庭に生い茂る木々は、ハクビシンが家屋に侵入する際の足場にもなり得ます。

木が家に近すぎると、枝を伝って簡単に屋根へとアクセスされてしまうこともあります。

そのため、木々の剪定をこまめに行い、ハクビシンが侵入しにくい環境を整える必要があります。

枝が屋根やベランダに接触しないようにすることで、侵入経路を大きく減らせます。定期的な剪定作業は面倒かもしれませんが、長期的な視点で害獣問題に対処するためには非常に重要な対策と言えるでしょう。

害獣駆除のプロに相談する

上記の対策を行ってもハクビシンの侵入やフン問題が解決しない場合、害獣駆除のプロに相談することが最も確実な手段です。プロの駆除業者は、ハクビシンの生態や行動パターンを熟知しており、侵入経路の特定から捕獲までを一貫して行ってくれます。

害獣の問題は独力で解決するのが困難な場合が多く、プロの知識と技術を借りることで早期に安全に問題を解決できます。

また、予防策のアドバイスも受けられるため、将来的な害獣被害を防ぐことにも繋がるでしょう。

ハクビシンのフンに関する3つのよくある質問

ハクビシンフンよくある質問

ハクビシンのフンに関するよくある質問は以下の3つです。

都市部や住宅地におけるハクビシンの目撃情報が増えている昨今では、彼らの生態やフンに関する疑問を抱く人も多いです。

ここでは、ハクビシンのフンにまつわるよくある質問をピックアップし、その疑問に答えていきます。ハクビシンのフンを目にする機会は少なくないため、正しい知識を身につけておくことが大切です。

ハクビシンのフンに感染症のリスクはある?

ハクビシンのフンには、様々な病原体を含む可能性があるため、感染症のリスクが心配されます。とくに注目されるのは、回虫の一種であるベイリアスカリスが引き起こす「ラコンラウンドワーム症」です。

感染すると重篤な健康被害を招くこともあるため、ハクビシンのフンに直接触れることは厳禁です。その他にも、サルモネラ菌などの病原体が含まれていることもあるため、十分な注意が必要になります。

ハクビシンは天井裏にもフンをする?

ハクビシンは人目を避けた隠れ家で過ごす習性があるため、天井裏が巣として選ばれることも珍しくありません。天井裏はハクビシンにとって快適な安息の場所になり、そこでフンをすることもあります。

天井裏でのフンの特徴としては、同じ場所にためる「ためフン」という習性が見られます。このためフンが原因で、天井裏で不快な臭いがすることや、天井の構造物を損なうリスクがあります。

ハクビシンを目撃したらどうすれば良い?

ハクビシンを自宅の庭や屋根に目撃したときは、慌てずに静かな行動を心がけましょう。ハクビシンは怖がりで攻撃的な性質は少ないですが、驚かせると予想外の行動を取ることがあります。

目撃した際は、すぐに近寄らず、安全な距離を保ちます。そして、専門の駆除業者に連絡を取り、適切な措置を依頼するのが賢明です。

まとめ:ハクビシンのフンは適切な処理が重要!専門業者への相談もおすすめ

ハクビシンフンまとめ

ハクビシンのフンの特徴は以下の通りです。

ハクビシンのフンの適切な処理方法を理解することは、健康上のリスクを避けると共に、住環境を守るために非常に重要です。自身で処理する場合には、適切な手順を踏み、リスクを冒さないようにしなければなりません。

しかし、その手順を誤ったり、処理に自信がなかったりする場合には、専門業者への相談がおすすめです。プロの業者であれば、安全かつ迅速にハクビシンのフンを処理することが可能であり、再発防止のためのアドバイスもしてくれるでしょう。

とくに、フンの量が多い場合や、天井裏など特別な場所にある場合は、プロの手を借りることをおすすめします。

また、場合によっては自治体などに相談することで、有益な情報を得られるかもしれません。適切な処理は私たちの生活空間を守るために非常に重要なのです。